koihaouka’s blog

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

犇犇

職場から借りていた本を返し終わりました。

偉いぞ僕──褒めてあげる、さぁ働け←

 

いや、3連休なんてとうの昔に終わったんですよ。

外に出て感染のリスクと戦えや、と←

 

もう、ずっと在宅勤務でよい気がしてきますね。

そんなに会社の共有で用いているソフトって外部で使えないモノなんでしょうか。

 

持ち出せるってこと自体がよろしくないのでしょうけども。

でもそれって──微妙な話ですよね。

 

人の記憶力や情報処理力なんてピンキリなんで。

やろうと思えば書類の中身やテンプレートを暗記して外部で作成する、なんてことも。

 

不可能ではないと思うのですが。

あれってバレるモノなんでしょうかねぇ……バレるとヤバいってトコで、やらないだけな気がしますが。

 

……考えてみると、面白そうですね。

個人的に作ってみましょうかねぇ──雛型書類の模造品。

 

経理に持っていくようなモノとか。

実際に使ったらまずいですが──下手したら馘でしょうし。

 

あぁ、でも。

想像してみたら、すごくワクワクしてきましたよ。

 

やってみよ。

あははっ

 

……それにしても。

在宅勤務ってそれほど悪いシステムじゃない気がするんですけどね。

 

少なくとも、僕はそのほうが捗りますし。

1人のほうが気楽ですからね。

 

──え、実際に記憶できるのかって?

僕は記憶の再生が苦手なので、難しいでしょうが。

 

システム上、そんな外部持ち出しがダメだから。

内部でしか行わないことで機密保持を──なんて考えに疑問を抱いてしまうんだよなって。

 

そんな話です。

知り合いでいるので──記憶の、ギネス級の超人が。

 

……と言う事実はもちろん、信じるのですけども。

基本的に僕、相手の感じていることや思っていることについては信じない人なのですよ。

 

ただ、その人がどんな表情でどんな生理反応を催して。

何を言ったか──その、事実くらいは信じるってだけのことなのです。

 

人の記憶力なんて、最たるモノだと思います。

記憶できているかどうかを量る指標なんて、その人が示してくれるまで分からないじゃないですか。

 

つまり、こう言うことですよ。

その人の記憶力についてアレコレ考えようとしたところで徒労であり量り知ることができない、と言うことなのです。

 

記憶力がいいフリをすることも。

記憶力が悪いフリをすることも──できるのですから。

 

なので、内部統制の一環で外部に持ち出さないように各々で努める──なんて。

些か、個々人の良心に依存しすぎている感があるよなぁと──思う僕は、考えすぎでしょうか。

ただ眠いだけ

人が近くにいるときに。

眠ることが困難な僕にとって。

 

誰もいない環境になった途端に。

居眠る、なんてスキルは。

 

必須なわけなんですが。

──えぇ、本当に。

 

昼寝、小さい頃から苦手だったのですよ。

もったいない感じがしてきて。

 

ありませんか?

若干寝不足な感じがしていても。

 

起きてしまったら、眠るのがもったいないって思うこと。

あとは──眠ったら1日が終わってしまうと、思い込んでしまうことが。

 

昔から、僕はそんなタイプでして。

あと──人がいるところって、安心とは程遠いですから。

 

起きているからこちらには危害が加わらないだけで。

眠ってしまったら──相手は何をしてくることか、と。

 

例え、身内であっても。

心配になってきて──不安になって。

 

あわよくば、僕自身が。

ふと近寄った彼らを(自主規制)してしまうのでは。

 

なんて、思ってしまうので。

それについても──小さな頃から。

 

なので、みんなで昼寝をする時間とか。

僕にとっては、苦行でしかなかったですね。

 

……校外学習?

修学旅行?──gkbr←

 

と、言う性質の持ち主なので。

1人になろうが気持ちが張り詰めて。

 

眠れないのが常、だったのです。

最近までは。

 

ところが、です。

最近、昼寝がよく成功するのですよ!

 

たぶん、自分がいちばん驚いていますよ。

(皆さんにとっては他人事でしょうし)←

 

昼寝しようとしても、もったいないと思えてくるし。

誰かが近寄ってくるんじゃないかって、不安になってきますから──若しくは。

 

毒虫が僕に駆け寄ってきて。

咬み殺すのではないか、とか←

 

にも拘らず、眠くなってきて。

抗わずにベッドに潜ったら、『すやぁ』ですよ。

 

「こんなの僕じゃない!」ですよ。

変わりたいわけでも飼われたいわけでもないですし東京住みの熊のぬいぐるみでもないですが←

 

あ、因みに。

僕はこの曲についてはこの歌い手さんが1番だなぁと思うのでリンク貼っておきますね←

 

www.youtube.com

 

この高音と感情を込めた歌い方がいいよなぁと。

カラオケで歌うときに参考にする歌い手さんの1人だったり──え、なんの話かって?

 

いつものことじゃないですか←

慣れてくんなまし()

 

眠ると色んな夢を観ることができて楽しいですし。

昼寝っていいなぁって思いますよ──その後の作業能率も落ちにくくなりますからねぇ。

 

……え、歌い手さんの話なんて終わりましたよ?

もともとこれ、昼寝を話題にした話じゃないですか。

 

なので、脱線してしまった話を元に戻した。

ただそれだけのことなのですよ──あぁ、そもそも。

 

僕の車輪、どっか逝ってしまっているわけですが。

脱輪起こした列車とか、笑えないですねぇ。

 

この先も、しっかりお捕まりくださいませ。

ではでは──明日があれば、また明日。

 

願わくば、皆さんにも──あなたにも。

心安らかな日々がこの先も、ありますことを。

 

無神教者の祈り

分かると言うのが。

分かってしまう、と言う自覚となり。

 

分かろうとすれば。

幾らでも分かることができる、とするならば。

 

分かりたいことと。

分からないほうがいいことを。

 

明確に、区別できるほうが。

精神衛生上、よいことでしょう。

 

──えぇ、確かに。

分かりたいことの対は、分かりたくないことです。

 

分かりたくないってことは。

分からないほうが、痛くも痒くもない筈です。

 

なぜなら、分かることについて苦痛でなければ。

そうは感じないから──そうですよね。

 

──しかし。

分かりたくないことを保留し遠ざけ続けた結果、災厄が死ぬまで祟るように続くこともあるのですよ。

 

分かることで、災厄を打ち破られるなら。

痛くても苦しくても──分からなくてはならないことが、あると思うのです。

 

つまり、分かりたくないことと。

分からなくてもいいことは──完全に一致するモノではない、と言うことですね。

 

もちろん、部分一致している事象なので。

その共通部分については、そのまま放置でいいのだと思いますが。

 

知らずに放置するのと。

知って放置するのとでは──身の振り方が、大きく異なることでしょう。

 

──えぇ、本当に。

あなたの未来が、これからも平かであらんことを。

頭が働くうちに

この作業が終わったら。

ご飯を食べて、温泉に浸かります。

 

前者のほうが序でですね。

後者のほうが──本命です。

 

前回、お店のかたから。

入浴券を、戴いてしまったので。

 

いいお店です。

累計回数に応じて、とのことらしいのですが←

 

あぁ、楽しみです。

自宅から場所を変えて集中しているだけで、凄まじく捗るので。

 

実はもう、すでに。

やることはないのですけどね。

 

どうしようかなぁ、早めに切り上げてしまいましょうか。

それも、いいのかもしれませんねぇ。

 

……あぁ、それにしても。

年金を繰り上げて支給してもらうと言うのは、ちょっと損ですよねぇ。

 

月に換算して、0.5%落として。

死ぬまで受給されるわけですし。

 

65歳の初めで100%受け取れるとして。

60歳で受け取ってしまったら……5年なので、60ヶ月分ですか。

 

30%も差し引かれてしまうんですよね。

65歳の初めまでそのままでいるよりも。

 

ただでさえ年金の額が塩辛くなってきているので。

早めに需給してもらうなら、長生きしないことが予め分かっているか。

 

若しくは、年金なんて宛にしないと決めていて。

別の資産を保持しているかただけ、なんでしょうねぇ。

 

え、僕?

特に宛にしていませんが、貰えるなら貰っておこうってくらいですね。

 

資産運用って、大事な考え方だと思いますよ。

増やしていくことももちろんですが──自身の財産を自分で守ると、言うことについては本当に。

 

……あ、そうそう。

65歳の初めで100%の年金を需給してもらえるとして。

 

そのあと、5年間年金を繰り下げることにした場合。

つまり──70歳初めまで受け取らないことにした場合には。

 

月に0.7%の加算があるので。

60ヶ月そのままにしておくと、42%の加算があるんですよね。

 

それを得とするか損とするかは。

皆さんの──あなたの考え方に、依ると思いますが。

 

……え、僕?

長生きする気がしないのですが、そう言うのって思うままにいきませんからねぇ。

 

そもそも年金需給される前に急逝しないでしょうかね、僕。

──なんて考え方も、決して極論なんかではなく。

 

推奨されるモノだと、思うんですよね。

なので──年金なんて宛にしちゃダメェ、ってヤツですね←

 

ありがたみを理解するために──『これがないとしたらどうしますか?』なんて考える手法がありますが。

それを考えると逆に──「なんであんなモノをありがたがっていたんだか」──と、気付くことも多いモノでもあるので。

 

ぜひ、皆さんも──あなたも。

お手隙の際に、実践してみてくださいな。

 

とは言いつつも。

手が空いていようがなかろうが、できることではあるんですけどね。

 

……。

………………お腹空きましたー……くぅ。

 

(では、また夜にでも)

 

アンチョビとオリーブ多めで

最近、食べてないんですよね。

カリカリとして、もっちりとした。

 

熱くて、ジューシーで。

頬張ると程よく酸味があり、チーズが伸びに伸びる──もう、なんだか分かりますね?

 

では、一斉に。

せーのっ

 

『ピッツァ!』

「ピザ!」

 

……。

………………もう一回やりますか?

 

いっせーのー

せいっ

 

『ピッツァ!』

「ピザ!」

 

……えっと。

ピッツァですか?──それとも、ピザ?

 

え、どっちも同じだろって?

全然違いますよ?

 

釜で焼いたほうがピッツァで。

オーブンで焼いたのがピザです。

 

どっちがよくて悪いかってことではないのですが。

調理法が異なり、料理名も異なるので。

 

区別しなければならないんですよね、本来。

……なんて、最近テレビで観ました←

 

いやぁ、面白かったです。

『いざわ・ふくらの解けば解くほど賢くなるクイズ』が。

 

クイズ好きにとっては。

お馴染みの問題が多かったのですが。

 

MCとゲストの人間性(いい面)がよく出てて。

安心して観ることのできる番組だったなぁと。

 

もし、未視聴のかたがいましたら。

TVerやfuluでも配信していると思うので、ぜひご覧になってみてくださいな。

 

参考までに、番組のリンクをば。

www.ntv.co.jp

 

……あぁ、それにしても。

お腹が空きました。

 

どちらもご無沙汰なんですよね。

近場で探そうかなぁと。

 

僕は政治の話とかよく分からないので。

批判とか講釈とかも控えますが。

 

心理学を齧った者としては、この。

トップダウン式で与えられる限定的な甘露に飛び付きやすい人間の性質と言うのが。

 

すごく、興味深く映るんですよね。

そして、食べ方が上手い人と下手な人とで分かれることについても面白いなぁと。

 

ピッツァでもピザでもよいのですが。

計画的に等分できる人もいれば、どうすれば等分できるか分からない人もいて。

 

それができる人とできない人では。

食べ方が綺麗かそうじゃないかがしっかり分かれる傾向にあるなぁと思うので。

 

今回の状況についても。

同じことが言えそうだなぁと、思うのですよ。

 

知っているか、知らないかではなく。

知っててできるか、できないか──それがよく表れてるなぁと、僕は思うのです。

 

美味しい料理があるほうが、こちらも楽しめますし。

料理店も繁盛したほうがいいでしょうから。

 

一概に、それがいいか悪いかなんて。

決めかねるのですが。

 

個々人の振る舞いかたを観ていると、それだけで。

あぁ──面白くて、飽きないなぁって。

 

さてさて。

本日はピッツァじゃなくピザを宅配してもらうとしましょうかねぇ。

 

今週のお題「ピザ」

頭に花咲くじいさん

暇にかまけて。

職場の図書資料を貸出していただいたのですが。

 

僕、別件でも図書館から基礎心理学の文献を借りていて。

また別のトコからも借りてしまっているんですよね。

 

バカなんでしょうか←

 

……まぁ、読もうと思えば余裕ですし。

もう既に半分くらい読破してしまっているのですが←

 

職場の図書資料はいざ知らず。

心理学全般の文献については、繰り返し読んでなんぼですから。

 

最低でも、2周ずつしたいんですよね。

取り敢えず……んー、そうだな。

 

職場の図書資料については、さっさと。

読んで返すことにしまして。

 

あとは、文献の読み込みに時間を。

費やすと、しましょうかねぇ。

 

あぁ、それにしても。

僕って暇だとバカにしかならないなぁ、ほーんと←

ぼけっと

……。

………………連休の存在を失念していました。

 

あれれ。

月曜日から働くつもりで動いていたのですが。

 

もちろん、月月火水木金金の時代の人間ではないので。

休日は、あればあるほどいいのですが。

 

以前は、そうではなかったんですよね。

……いや、誰が江戸末期以前と()

 

違います、あの。

僕の歴々の職場についての話です。

 

あ、まだ黒歴史の話はしませんよ。

引越し前からご愛読いただいている古株の読者さんには周知の話ではありますが。

 

ご新規さんは、もう暫し。

『なんの話???』と言う辺りで留めておいていただけると。

 

そのほうが。

きっと引っ張ることができる分ブログが長持ちするし面白くなりますから←

 

と、言うのは置いておいて。

まぁ、前の職場では。

 

僕、最初は個人事業主で。

次にパートだったんですよね。

 

どちらも、働けば働くほど賃金が増えますが。

休めば休むほど、賃金が減りますからね。

 

パートのときには労働時間の制約があったので。

ある程度働いたら帰されていましたが。

 

個人事業主のときには。

それこそ、月月火水木金金で働くこともありましたね。

 

それが思った外、苦痛じゃなかったですし。

おかげさまで現在、フルタイムで働いているにも拘らず。

 

業務時間内に速攻で仕事を終えては。

時間を持て余す、なんて状態になってしまい。

 

あー、また好き勝手働きたいなぁ。

なんて思ってしまうのですが──贅沢な話ですなぁと、思うのですよ。

 

──あぁ、個人事業主のときには。

塾講師をしていましたよ──と、言いますか。

 

教え子に会いに行ってた、と言うほうが。

正確だったかもしれませんね。

 

一人ひとりの状態を観察しつつ。

最適な性格を宛てがう、なんてことをしていました。

 

それはそれで、楽しいことでしたよ。

少なくとも、教え子と会っている間はあまり退屈しなかったですし。

 

とは言いつつも。

雇い主がどうしようもないと──それも、長続きしないんだよなぁと。

 

なので、今の職場には。

まだ入職して、1年も経っていないのですが。

 

どうでしょうねぇ。

僕は自分以外に期待することをしないので。

 

何もかも楽しくてハッピーになれるような。

いわゆる蜜月期をあっと言う間に通り過ぎる傾向にありますから。

 

つまらないなぁって、思うことが多くなりましたし。

ここに留まるベネフィットと別の仕事をするリスクを天秤にかける毎日がとうとうやってきたなぁってトコなのですが。

 

──んー……ま、そうですね。

この職場にいるからこそ、3連休が穏やかにやってきたわけですし。

 

少し、味わってから転職するかどうかについては。

考えることにしましょうかねぇ──と言うのを繰り返し。

 

人って、ずっとその会社に留まるんでしょうかね。

嫌ですなぁそれは──いざと言うときのために、フットワークくらい軽くしておきますか。