koihaouka’s blog

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

恐い、強い、怕い

誰かと濫りに約束をする人を見ていると。

恐怖を覚える性質の持ち主です。

 

恐くないですか。

安易に約束してしまう人って。

 

同様に安易に破りはしないだろうか、と。

その人と約束した事柄がないだろうかと、自身の今までを疑いたくなってきます。

 

それも、僕自身が。

人を信じないから、と言うのもあるのでしょうけども。

 

約束って、契約の1つですから。

内容を保証するとともに、自分のみならず相手をも拘束するモノですよね。

 

なのに、それを濫りに行うと言うのは。

約束したその誰かに対しても、濫りに拘束すると言うことです。

 

例え、約束をすることにより。

叶える気が満々で、実際叶えるとしても──です。

 

そのハードルが異様に低い人を。

僕はどうしても、「恐い」と思わざるを得ないのでした。

睡魔、求ム

日差しの強い日が続くと。

寝付く時間も遅くなっていき。

 

それとは逆に。

目が覚める時間が早くなっていくのです。

 

今は旅をしているわけではないのですから。

別に、日の長さに反比例して睡眠時間を調整しなくてもいい筈なのですが。

 

身体がそうなってしまっているので。

やむなし、ですなと。

 

歳を経るごとに、寝付きが悪くなるとか。

早く起きてしまうとか聞きますが。

 

僕も、そうなるんですかね。

ロングスリーパーの僕が、です。

 

だとしたら、死活問題だなぁと。

いつも以上に、心身を扱く必要があるでしょうか。

 

ここ数年で、耳鳴りが起こるようになってきたものの。

幼少からずっと続いていた筈の立ち眩みについては──ご無沙汰になってきたので。

 

少しは、心と体のバランスも。

保てるようには、なったのでしょうが──そうですね。

 

将来、睡眠時間が減ったら死活問題だな。

なんて、考えなくなった頃には──恐らく、別の問題が発生していると思われますが。

 

そのときも、追々考え続けて。

早めに床に就くことに、しましょうかねぇ。

 

……平日、長いですね。

さてと──明日も、音楽を脳内再生させて過ごすとしましょうか←

そうだ、波止場行こう

近々、人間ドックに向かいます。

けっこう楽しみです、コレ。

 

実は、初めてなんですよ。

定期健康診断なら、何度かしたことがありますが。

 

どれだけ弄り回されるのか。

もう、ワクワクしてきますよ。

 

……え、別に痛くて苦しいことをされるわけではないですし。

辛うじて、バリウム飲むくらいですかね。

 

──あ、そう言えば。

バリウム飲むのも初めてですよ、僕。

 

最近のは飲み易くなったとか聞きますが。

変な味がしなければいいなと。

 

どちらかと言うと。

ゲップしないようにするのが大変とかなんとか。

 

堪えている間、キツいと。

そんな話を聞いたことがあります。

 

……んー、普段から強炭酸水を飲む人ですが。

ゲップできなくてつらいことって、あんまりないんですよね。

 

もともと、堪え性だからでしょうか。

後々、胃が膨らんで大変なことはありますが──流石に検査が一段落したら休憩できますよね?←

 

……んー

なんとかなるんじゃないっすかね、うん←

 

……あ、そうそう。

人間ドック前日の午後9時から絶飲食らしいですね。

 

それは、大変です。

僕、起きたらまず一杯の水を飲むので←

 

それがないと言うのは、ちょいとキツいですね。

……バリウム飲むの、早めに終わるでしょうか←

 

まぁ、そう言う経験もまた。

僕には必要でしょうけども。

 

身体の節々、内臓のあちこち。

今後、痛んで疼いて飛ぶこともあるでしょうから。

 

……いえ、重大な疾患があるってわけではないです。

単なる統計ですよ──えぇ、本当に。

 

生老病死

愛別離怨憎会求不得五蘊盛──とは、よく言ったモノですよ。

わたし、他山の石。いつも、あなたの隣にあるの

昨年、節税しようと思って。

ふるさと納税をしていたのですが。

 

住民税の通知書が届いて、あら不思議。

なんかお高いじゃないですの、と←

 

思っていた金額よりも高いんですよね。

年間1万円ちょい←

 

ワンストップ特例制度を利用したのに。

住民税が安くなってないとか何事だ……と、思ったので。

 

詳しく調べてみましたよ、ふるさと納税

するとですね……こんな文言が。

ワンストップ特例制度の申請を行った後も、確定申告を行うことができます。
ただし確定申告を行うと、対象期間に行ったワンストップ特例制度への申請がすべて無効になりますので、ワンストップ特例制度の申請を行った寄付分も含めて、申請を行ってください。

……あはは。

ワンストップ特例制度を利用して、年末調整したあとにですね。

 

追納の証明書が届きまして。

確定申告したんですよ、そのあと。

 

そのとき、ワンストップ特例制度を利用したし……と。

申告してなかったんですよねー……あー、うん。

 

バカなの?

死ぬの?←

 

と、言うわけで。

更正の請求をしておきましたとさ。

 

 

手続き自体は。

それほど、難しくなかったです。

 

入力すべきサイトがなぜかなかなか見つからなかったのと。

入力内容をクリアしなくてもいいところをクリアした以外は、難なくでした←

 

……え、どれだけ探したか?

2時間くらいでしょうか()

 

……いやぁ、僕。

方向音痴なモノで(違)←

 

……あぁ、クリアしたモノですか。

以前の申告内容です←

 

もし、データを紛失していたら大変なところでした。

前のデータについてはフォルダに格納済だったので、問題がなかったものの。

 

しかもあれ、再入力時には自動計算されないので。

とても面倒でしたよ──楽しくて仕方なかったですが(計算クラスタ)←

 

そのあとは、サックサクでしたよ。

なので、更正の請求をしたことがないというかたは。

 

この機会に、やってみるのもアリだと思います。

時効は5年なので──内容によっては、税金が還付されますからね。

 

納めなさすぎもよくありませんが。

納めすぎはその次に、よくないですから。

 

納税は義務だからと。

搾取され続けるのは、これはこれでもったいないことなのです。

 

ですから、ぜひ。

機会があれば、やってみましょう。

 

……え、納めすぎの次によくないこと?

んー、その2つしか想定してなかったですなー

 

適切に納めることですかねー

とは言いつつもコレ、よくないことじゃねぇしなー……お好みのモノでいいんじゃないっすかね、うん←

 

溺れ死なない坊主

考え事をしていると。

それだけで1日が終わってしまいますが。

 

これを非とすることは。

今後もないのだろうと、思う今日この頃です。

 

考え事自体は、好きなので。

考えなしになるよりかは、です。

 

そして、考えることがなくなってしまうことについても。

ゾッとしないですから。

 

全知全能の神になることができるとしたとしても。

こちらから、願い下げだなぁと思うわけです。

 

えぇ、本当に。

知らないことばかりだなぁって、思いますよ。

どんよりした空の下で

同居人との買い物に付き合っておりました。

今は車の中で待機中です。

 

……いやぁ、光と音にやられてしまって。

こんなこともあります、えぇ。

 

と言いますか、僕にとって。

こう言うことは日常茶飯事ですね。

 

来るべくして来た、と言うところです。

スーパーなんて、30分以上もいれば。

 

それだけで、フラフラしてしまいますから。

3軒の梯子がよくできたなぁってくらいのモノですよ。

 

電化製品を見に行くとのことで。

「店員を呼んで訊いたほうがいい」と3回以上言ったにも拘らず。

 

どれにしようかと目の前で考え倦んでいるときには。

どうかなってしまいそうでしたが──無事、店長さんを捕まえられたので。

 

その目利きについては、認めてもやらんでもないなぁと。

思わないでもなかったですが──と言うので。

 

「よく店長をピンポイントで捕まえられたね」と言うと。

『え、あれが店長だったの?』とのことで。

 

……チーン。

もうやめてっ!わたしのHPは既にゼロよっ!!……と、言うことで。

 

漸く、ブログ記事を書くことができるようになりましたとさ。

それにしても帰ってこないなー同居人。

 

1つの商品を買ってくるだけと聞いていたのですが。

あー、もしかしたら──えぇ、恐らく。

 

神経過敏になった僕を、気遣ってのことでしょう。

なんとまぁ、これが正解なんですよね──僕の場合には。

 

……嗚呼、仕方がないですね。

これもこれで……ん?

 

なんか、メッセージが飛んできました。

へぇ……商品の説明書と周辺機器がなくて店員に探してもらってる?

 

……。

………………それはそれは、結果オーライですからいいのですが。

 

いい話のネタにできました。

そろそろ投稿するとしましょうかね──あ、ここで一句。

 

 

まどろみと

しめりけまじる

しじまかな

 

 

今週のお題「575」

広告なら通報案件

最初、キツいなと思っても。

詰め込んでいるうちに、だんだんと苦痛じゃなくなり。

 

寧ろ、もっともっと入れたくなるし。

入れられるようになってきて。

 

そのうち、入れる以外の選択肢が。

思い浮かばなくなるので、不思議です。

 

そこまで追い詰める必要は、ないのですが。

敢えて限界まで……いや、限界を超えても自身を追い詰めたくなることがあるのです。

 

そのときの苦痛が、さらなる快感を呼び寄せて。

それが楽しくて楽しくて──うっとりと、してしまうのですから。

 

──ですから、やめられないのです。

インプット作業って←