koihaouka’s blog

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

疑念で懐を温めながら

断定すると。

恰も、その通りであると言う印象を与えがちですが。

 

この世に絶対なことなんて。

思考している自分くらいのモノ──かと思われるので←

 

その人が断定しようとも。

実際にそうとは限らないわけなので。

 

きっぱり、ズバリと言われたほうが安心し易いのは。

聞こえによっては、ご尤もと思いますが。

 

──上記の理由により、安易に断定するのは如何なモノかと。

そう、思わざるを得ないのでした。

 

……我思う故に我あり、か。

無神論者らしい発言ですね──ルネ・デカルトらしいっちゃあらしいです。

 

まぁ、僕も。

その考え方に近いのですが──んー

 

否定しきれない証明不能なモノを。

ただ、事実としただけでは──と、最近は思うのです。

 

存在しないモノの証明よりも。

誰かが定義しないことには存在できないモノの照明のほうが難しいと思うのは。

 

果たして、僕だけでしょうか。

Do you agree?

 

チャーム

わたしの持論ですが。

『言葉は呪い』だと思っています。

 

言語相対性仮説の信奉者、と言うわけではないのですが。

人の認知が言葉に支配され易いと言うのは、事実だと思っています。

 

……言葉では言い表せないことがある?

えぇ──そうです、その通りです。

 

言葉では言い表せないことを。

言葉で言い表された今のように。

 

人の認知が言葉に支配され易い、と言うのは。

事実なのでは、と──詭弁でしょうか、えぇ。

 

ところで。

『言葉は呪い』と書きましたが。

 

これを、なんと読みましたか?

「ことばはのろい」ですか?

 

──それとも。

「ことばはまじない」と──そう、読みましたか?

 

モノは言いようだと、わたしは思っておりますが。

同時に──モノは読みようだとも、思うのです。

 

自身の認知は、自身の言葉を規定します。

そして自身の言葉は、自身の行動を規定します。

 

そこから逃れることは、至難です。

と言うこの言葉もまた──【呪い】なわけですが。

 

皆さんは──あなたは。

この言の葉の紡ぎをどう、読み解きますか?

布教用

食洗機はいいぞ←

 新生活に、ぜひ!

 

いや、とにかく楽ちんです。

大きめのモノはそれなりに値が張りますが。

 

中に食器を詰めて洗剤を入れ。

起動してしまえば──1日の最後に纏めて洗うことができるので。

 

他のことに時間を費やせますし。

手荒れも防止できます。

 

……冬場に紙で指を切ることはありませんか?

あれ、いったいですよね。

 

それも、予防することができます。

だって、手から油分が抜ける要因を1つ減らしているわけですから。

 

それだけでも、あってよかったなぁと思うのです。

……僕、鋭利なモノで切り裂かれるのが苦痛で堪らないので。

 

こればっかりは、慣れないです。

触覚が鈍麻にならないならば、手袋をしたまま事務作業をしたいくらいでして。

 

その点では、生粋のアナログ主義者である僕も。

デジタル化については歓迎せざるを得な──いと言う話は、置いておいて←

 

もちろん、デメリットもあります。

場所を取る、と言うモノが←

 

食洗機を置くときに。

平らなスペースをある程度、確保する必要があるのですが。

 

「いや、ウチは傾き住宅なんで」とか。

「どこもかしこも中途半端な空きスペースしかないで」とか。

 

そう言う場合には。

別売りの台が必要になってきます。

 

もちろん、設置に際して。

業者さんを頼むこともできるのですが──つまり、何が言いたいかと言いますと。

 

食洗機の本体価格の他に。

別途、追加料金がご自宅のコンディションによりかかる可能性が高い──と、言うことなのです。

 

なので、僕のオススメは。

置きたい場所の間取り図や写真を、家電量販店さんに見せることと。

 

それに伴う見積もりを、出してもらうことです。

で──購入するか否かを、検討するのです。

 

……え、もう1度書きますね。

検討するのです、えぇ、何しろ高い買い物ですから。

 

別の家電量販店さんを見に行ったり。

場合によっては、ネット注文することも視野に入れたほうがよいかと。

 

その中で、安く済みそうなところで購入すると言うのが。

僕の、オススメです。

 

よっぽど懇意にしている家電量販店さんであれば別ですが。

相談をしたからそのお店で買わなければならない、なんてことはありません。

 

営業のノルマに応じた給与の上乗せも、あるところはあるでしょうが。

それと購入者さんの忖度とはまた別の話ですし。

 

お客さんの相談に乗ることも、業務の一環ですから。

別に、気負いすることなく相談するといいと思うのですよ。

 

……え、それはやっぱり気が引ける?

もしかして──いいかたですね、あなたは。

 

ただ、その商品をそのお店で購入しなかったことで責任を取るのは。

あくまで、そこの店員さん──と言いますか、経営者さんですから。

 

だって──あなたを、購入するまで導けなかったわけですから。

それは、こちらの責任ではなく──あちらの責任、なのですよ。

 

それでも、こちらに罪悪感を植え付けることには成功しているわけなので。

追い目を感じ、そのお店に向かいたくなるかもしれませんが。

 

その選択も──あなたの自由だと思います。

行きたければ行けばいいし、行きたくなければ行かなくていいのです。

 

……なんて、書きましたが。

若干コレ、自分にもグサグサ刺さるんですよ←

 

こう言ってはなんですが、僕。

義理堅い人間では、あるので。

 

行かなければならない、なんて。

やらなければならない、なんて。

 

他者が絡めば絡むほど。

起こり易くなってしまうのですよ。

 

あれって、なんでなんでしょうね。

これも依存なんでしょうかね──その点、食洗機はいいぞ(無理矢理戻す)←

 

なんたって、人じゃないので←

have to 病に罹患することもないのです。

 

ただ、こちらのやりたいようにすれば。

此奴がしっかり、食器をジャブジャブ洗ってくれるわけで。

 

もう、便利で仕方ないですよ。

皆さんも、ぜひ。

 

そう言うアイテムを、見つけてみてください。

それとも──もう、見つけているんですかね。

 

皆さんは──あなたは。

新生活のスタートダッシュに、どんな便利グッズを手にしましたか?←

 

お題「#新生活が捗る逸品」

カーテンのはためく夜

余計なことを考えぬよう。

忙殺しに行く人生を謳歌することが。

 

自分にとって必要なことである、と。

思っていた時期が僕にもありました。

 

そんな時期も必要だ、とも言われますが。

実際、僕の場合にはどうだったかと言いますと。

 

やるべきことを増やそうが。

やりたいことが増えようが。

 

両者ともに少なくなろうが。

それらを埋めるように、余計なこと以外を考えることが多くなったので。

 

そんな時期があったからこそだなぁ、と思うこともあれば。

別になかったらなかったで別の方略でこの境地に達していたんじゃないかなぁとも思えるので。

 

恐らく、どちらでもよかったのでしょう。

今の自分とは別の自分が形成されていたかもしれなかろう、分岐点まで戻って。

 

その当時、選んだモノとは別のモノを選んだとしても。

そちらの僕は今の僕と似たようなことを思っていたんじゃないのかなぁと。

 

なんとなく、ですが。

思うのです。

 

今の身体からすっぽりと魂が抜けて。

別の身体になったところで、僕は僕のままですし。

 

上記、身体を精神に読み替えても。

同じことだと、思えるので。

 

まぁ、根っこの部分が変わらないと考えている以上。

それ以外の自分が見えないしなぁと、ほげーっと思っているだけと言われればその通りではありますです←

 

どちらにせよ。

僕は僕である以上。

 

どっかで別の選択をしていようが。

そのまま、僕のままでいるのでしょう。

 

変えようがないですし。

代わりようがないですから。

 

──と、抽象的な話をしてみる。

明日は金曜日ですか、そうですか。

 

最近、さらに時間の経過が遅くなった気がするんですよね。

どう言うことっすかジャネーさまがた???←

失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した((

最近、社労士の選択式問題を解いたのですが。

総合点では合格ラインだったモノの、まだ問題演習したことのない3科目が足切点でして。

 

これは、やればやるだけ成果が出ていることですから。

少しは喜べば、いいのですけども。

 

ちょっとだけ、残念だったことが。

それは──総合点については、クリアしてしまったこと。

 

どうせなら、両方とも足切点だったほうが。

僕の場合、燃えると思うのです。

 

8月に試験があるので。

まだ、4ヶ月あるんですよね。

 

その時点であれば、まだ。

どちらかが及第点でなくても、別にいいわけです。

 

さらに、よろしくないことに。

問題演習した科目については、クリアしてしまっている──これは、よくないです。

 

僕のような、不束者。

気が緩まないわけ、ありませんから。

 

──ささ、引き締めていかなければ。

もうすぐ労働安全衛生法の問題演習を終え、労働基準法に移りますから。

 

しっかり、履修済の科目についても。

浚っておかなくては。

目が垂れて目が民る2時間前の話

「眠れないときには。

社労士試験の勉強に充てるか。

 

読書に充てることにしています。

試験勉強一択にはならない辺り、余裕なのかやる気がないのか←

 

ですが、わたしにとって。

眠れないのにずっと横になっているのは。

 

時間だけが過ぎていくようで。

性に合わないのですよ。

 

そこで、満足のいく睡眠を得られない以上。

自発的に満足のいく睡眠を得にいくほうが有意義ですから。

 

眠くなるまで、電気スタンドを点けて。

某かコツコツと進めることにしています。

 

そのほうが、満足できるので。

眠れないなら、起きているそのひと時をどれだけ質のいいモノに作り上げていくか。

 

そんなことばかり、考えていたら。

いつの間にか朝でした。」なんてことがあれば。

 

すっごく、いいんですけどね。

さて、やる気はしないですが。

 

ちょこっと、現実にしてくるとしましょうかね。

眠くなるまでは、ちょこっと、だけでも。

 

童夢

病的なほどに言葉遊びが好きなので。

相手がドン引きしようが続けます。

 

彼らに恨みはありません。

僕には無縁の感情なので。

 

ただただ、なんの因果か。

少しでも僕と接点ができてしまったことについて、それが幸か不幸かを選ぶ際に。

 

あなたは後者を選んだんですね。

と、言うくらいのことを思って。

 

肩を竦めて。

あーつまらないの、と。

 

思いはしますが。

だって──僕、永続的な快楽を望みますもの。

 

目的を達成するために必要なことをしたら。

壊れちゃった、なんてことになったら──そりゃあ、あーあ、と。

 

思うモノでしょう。

あーあ……次のおもちゃで遊ぼうかな、なんて。