koihaouka’s blog

ごゆるりと、ゆるゆるなさいませ。

足跡を辿る

思えば。

手帳を持たなくなって、だいぶ経ちましたっけ。

 

塾講師時代まで使用して、それっきりなので。

かれこれ、4年ほど使ってないんでしょうか。

 

んー、教え子を受け持っていたときには。

手帳のほうが早く確認できていましたから。

 

ところが、現在のような。

事務職となると──手帳を開いたりすると、どうなるかと言えば。

 

キーボードがどしゃーん

ファイルぼさーん、マウスちょこーん……と言う風に、机の上がゔぁっさーなので。

 

……まぁ、察してくださいな。

僕、作業机の上は主要なモノでいっぱいにしたい人なのですよ。

 

参照したいモノが見えていたほうが。

すぐに確認ができますし。

 

……え、手帳は確認するモノじゃないのかって?

まぁ、スケジュールとかはそうなんでしょうけども。

 

僕、Excelでかれこれ令和17年度分のスケジュール帳を作ってしまっていまして←

えぇ、手帳を持つまでもないと言いますか。

 

何かと、有形のモノって無形にしておかないと。

場所を取り過ぎてしまいますから──手帳までは机の上に置いておきたくないなって。

 

……ひきだし?

あぁ、抽斗に入れると言う手もありますが僕には馴染まないのです──作業工程が増えるだけですし。

 

PCでの作業が多いのに、わざわざ抽斗から引っ張り出して。

PC画面に表示されているモノをメモるかと言われると──それもないですから。

 

それに、捨て難いんですよね。

手帳に書いたことって──それもまた、心的に負担なのです。

 

そして──これこそ、大事なのですが。

仕事で知り得たことを外に持っていきたくないのです。

 

これは、職場へ行く際にも。

同じことを思っています──余計なモノを、持ち込みたくない。

 

なので、手帳についてはその最たるモノですので。

持たないように、しているのです。

 

──と、申しましても。

手帳って、いいモノだと思います。

 

デジタルなモノって、文章を打つにも。

絵を描くにも、制約が大きいですから。

 

その分、その範囲で自由に作業ができるわけですけども。

どうしても縛られている感覚が、拭えないモノなのです。

 

……えぇ、これでも。

生粋のアナログ主義者ですから。

 

どっちもいいモノです、どうしたって。

どっちが現在によりそぐうか、と言うことで。

 

それが今は、デジタルなのかなと。

そう思うわけです──と言うわけで。

 

よほどのことがない限り、手帳を持つことはないでしょう。

そう言うことでした←

 

……え、近々の予定?

明日は髪を切りに行きますよ。

 

午後、ちょっとばかし休暇を取ったので。

それから──水面下で動いていることがあるので。

 

そちらの情報交換を、すると思います。

個人的にはこう言うの、乗り気ではないんですけども。

 

やる方向で、話が進んだからには。

軌道に乗るまでは、協力しましょうかなぁと。

 

そしてそれが、案外楽しいモノであれば。

もうちょっとだけ、籍を置こうかなって。

 

──えぇ、とっても面倒です。

ただこれも、僕の選択ですから。

 

やるからには、全力で行おうと思います──あ、それでですね。

皆さんには──あなたには。

 

手帳についての拘りや、手帳から移行して使っているアプリの自慢など。

何か、ありませんか?←

 

今週のお題「手帳」

エゴイストの苦悩

参加していたわけではないのですが。

すぐそこで、討論会が開かれていて。

 

感染症対策もあってか。

出入り口を開けっ放しになっていたので。

 

半ば、聞いていたのですが。

そこで出てきたフレーズが、どうにも聞き流せなかったので。

 

ちょろっと、書こうかと。

えっと──『皆さんのため』って、どう言う意味なんでしょう。

 

何度か、この言葉が出てきては。

え、発言されているのはあなたですよね?──なんて、思えてくるのです。

 

自分の発言が採用されることにより、他のかたへも波及すると。

周囲も幸せになると思えるし、そうなると自分も嬉しいから──であれば、分かります。

 

ただ、『皆さんのため』なんて言われると。

それはどの範囲までを指すんだろうと、思えてくるのです。

 

……空気を読め?

いいえ、そんなことをして討論が務まるのだとしたら。

 

悪しき慣習では、ないでしょうか。

わたしはそう思うのです──Do you agree?

セロハンについての話

先月には。

依存症関係の家族の会に見学しに行ってたのですが。

 

今月──と言うか、明日には。

当事者の会に見学しに行こうかと。

 

と、言いますか。

参加することになるかと←

 

だって、見学を申し出ているにも拘らず。

彼ら、割と巻き込みますし。

 

こちらに某かのシンパシーを感じてらっしゃるんでしょうか。

なんとも、光栄と言うか……大儀と言うか。

 

「なかなか一般のかたが依存症に興味を持つなんて珍しい」なんて、言われてしまいましたし。

実際、そうなんだなぁと今までの職場を考えてみると分からないでもないですが←

 

んー……そんなに、身近なモノに感じないモノですかね。

僕にはかなり身近なモノに感じるのですが。

 

それは、大学で心理学を専攻する以前からです。

気付いたら依存症についてかなり身近なモノと認識するようになっていました。

 

……あぁ、大学に入る前に2回入院していますが。

その前からもう、依存症のことについては身近なモノだと思っていましたね。

 

だって、小学校で習いませんか。

依存症についてとか──薬物の危険性についてとか。

 

あと、あちこちに貼付されているポスターなんかもそうです。

『ダメ、ゼッタイ』のポスターであれば皆さん見かけたことがあるのでは。

 

──なので。

驚きましたよ、幾つかいた職場内で。

 

依存症についての独善的な見解や。

無知に伴う偏見や決めつけが横行している様を目撃したときには。

 

それを身近な人が当事者になったときに同じこと言うのか、と思ったくらいですが。

……今思えば、案外。

 

そんなかた、多いんだなぁと。

思えてきたのは──社会経験を積んだことのいいことでもあり。

 

悪いことなんだろうなと。

そんな戯言を書いてみましたとさ。

 

……さてと。

明日、天気が荒れなければいいなぁ(トオイメ)←

試験前夜

明日から。

本試験の問題が公開されるそうな。

 

さっくり解いて。

提出してしまうとしましょうか。

 

──オンラインで公開して。

提出日までに送付すれば終わり、と言うことですし。

 

……それにしても。

提出開始から締切まで、1週間ほどあるのですけども。

 

それって、試験と言うよりも。

レポート提出、みたいで。

 

どうにも、真剣味が抜けてしまうなぁと。

場合によってはカンニングもできてしまうわけじゃないですか。

 

なので、問題自体がそもそも。

参考文献や引用文献を読み解いていなければ解けないモノを幾つか混ぜておくとか。

 

ググってもなかなか出てこないような。

本質的なトコを出題するとか。

 

そう言うことをしても、よいと思うんですよね。

そうじゃないと──ソラで解いているかたとカンニングしながら解いているかたとの差別化ができませんから。

 

次から、そのようにしていただきたいなぁと。

──と、新しい問題を作る側にとっては堪ったモノではないことを書いてみましたとさ。

 

……さてさて。

どんなエグ問が飛び出すか、楽しみですわー

チョットナニイッテルカワカラナイ

密林で定期配送サービスを利用しており。

この前、通知が来ていたので。

 

なんの商品だったかなぁと。

ログインしようとしたら──電話に出て聞き取ったワンタイムパスワードを送れ──とのこと。

 

なので、電話で聞き取ろうとしたのですが。

なんでしょう……僕、なんだか。

 

ワンタイムパスワードを聞き取るの、すっごく苦手なんですよね。

なんて言ってるか分からないときがあります。

 

ワンタイムパスワードは……い……お……お……」みたいな←

なので、時折聞いた通りに打って送信するとエラーが出ると言う←

 

だって聞き取れないんだもん!

なんなの、もっとハッキリ言えよ!!

 

……と、なるのですけども。

これ、分かるかたどれくらいいらっしゃるでしょうか。

 

ただ、僕の場合。

もともと面識のないかたの声を聞き取りにくいと言う性質の持ち主なので。

 

そのせいかもしれず。

もう、文面にするよう設定すべきだろうかとも思い始めています。

 

SMSに送信してもらうとか、よさそうですねぇ。

確かあった筈ですし……ん、待てよ。

 

SMSで最初要求されて。

なぜかSMSに何も来なかったんじゃなかったっけ……?

 

で、仕方なく電話でワンタイムパスワードを聞いて。

それからずっとそのままなのでは……?

 

……なんで届かないんだろ、SMSに。

他のは届くのに……んー………………………………ま、いいか。

 

眠ろうねむろう。

年明けの僕は忙しいのです……嘘だけど←

こじ開けるように

──こんな気分です。

お付き合いください。

 

どんな気分かと言うと。

昔を思い出したい気分です。

 

どんな昔を思い出したい気分かと言うと。

ちょっと昔の話──僕が幼稚園児の頃の話です。

 

……え、初恋の話?

そんな話が聞きたいです?

 

今回は、置いておきたいです。

確かに僕の初恋は5歳なのでドンピシャですが←

 

……こほん。

これは、誰にも言っていない話です。

 

なので、少しだけ暈します。

それを承知していただきたいです──えっと。

 

その頃、とても恐いバスの運転手さんがいました。

実際はフレンドリーなんですけども、どうにも圧がすごかったのです。

 

クレヨンしんちゃんの組長みたいでした。

……あれ、園長でしたっけ?──この際どちらでもいいですね。

 

園長みたいな人。

……あれ、ちゃんと園長みたいな人と認識してんじゃん、まぁいいか←

 

で、そのバスの運転手さんなんですけども。

複数人の子に絡まれているときに。

 

容赦なく、電気アンマをし始めたんですね。

あぁ、あのときのその子たちの絶叫と言ったらなんとやら。

 

痛いいたいって、ギャーギャー叫ぶのですよ。

まぁ、そうなんでしょうなぁって思いつつ。

 

僕もされたこと、あるんですよ。

あれはもう、痛くて仕方なかったのですが。

 

他の子が、あまりにも「痛い」と叫ぶので。

捻くれ者の僕はなんと言ったかと言うとそのとき──気持ちいい、と言ったんですよね。

 

そのときの運転手さんの表情が、ぐにゃあって歪んだのが。

ちょっとだけ……んー、ちょこっとだけ。

 

印象的だったなぁって。

顔が殆ど思い出せないのに──そのときの表情にどんな感想を抱いたかだけは覚えているのに、不思議なモノです。

 

えぇ、あのとき僕が感じたのは。

紛うことなき嫌悪でした。

 

えぇ、【古き良き時代】だったのでしょう。

ただ最近、思い出すのです──あぁ、昔そんなことされたなぁと。

心見を試みる

「そのことは水に流せ」

「そのことは忘れろ」

 

──と、言われることについて。

頭の中で巡らすことの1つに。

 

じゃあこの人は。

「あなたが忘れろと言ったことを忘れるようにしてください」と言われて。

 

忘れることができるんだろうか──と。

土台無理な筈なのですが、如何なモノでしょうか。

 

忘れろと言われるたびに気になって仕方がなくなり。

ふと忘れたときに「何を忘れたんだっけ」と思い出すなんてことは。

 

誰だって、日常茶飯事かと思うのですけども。

人はロハでなんでも伝えられると分かると、テキトーなことばかり言う生き物ですよね。

 

自身の言動が、他者への呪いになることがあると言うことを。

わたしはずっと──忘れようとしても、忘れられないのですよ。